Instructors / 指導者紹介

師賢 / Master

Master Kim Seong-Deok (7th Dan)

金 省徳 (7段) /
Seong-Deok Kim (7th Dan)

キムズジム代表。ITF Japan 技術委員長。2014 年に 7 段に昇段し、「マスター (Master; 師賢)」の称号を授かりました。

常設道場の君津道場を新たに立ち上げ、指導にあたっています。

2002 年に書いたキムズノートへの感想を今も頂くことがあります。これまでの経歴・戦績については Wikipedia に書かれています (出典がないので内容が正しいか追って確認します)。


国際師範 / International Instructor

李 勝鳳 (5段) /
Sung-Bong Lee (5th Dan)

新宿道場用賀道場六本木道場南青山道場で指導にあたっています。組手と猫をこよなく愛しています。キッズクラス、少年部の練習生の皆さんとは、同じ目線でコミュニケーションを取ることを大切にしています。

都連の審判委員として、大会では審判員団をリードしています。「道場は暫くご無沙汰だけど審判やスタッフなら」という方いらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。

Seiji Toyonaga (5th Dan)

豊永 誠史 (5段) /
Seiji Toyonaga (5th Dan)

世界選手権 1 段型の部での優勝経験があります。光が丘道場板橋道場東十条道場で指導にあたっています。

都連の会長兼理事長として、都大会、関東大会に向けた準備等も手がけています。ご協力いただける方いらっしゃいましたら、お声がけください。

Sumito Fujiwara (4th Dan)

藤原 澄男 (4段) /
Sumio Fujiwara (4th Dan)

東久留米テコンドークラブで指導にあたっています。東久留米テコンドークラブでは、健康テコンドーセミナーを開催中ですので、老若男女問わず是非ご参加ください。

都連の副会長として、東海大会など、関東地域以外の大会にも積極的に訪れています。

Isao Hayami (4th Dan)

速水 勇 (4段) /
Isamu Hayami (4th Dan)

テコンドーの「武道」の精神、型や練習でも「常に実践で使える技であること」「軸がブレないこと」を重視しています。六本木道場、早稲田 ITF テコンドークラブの技術指導を行なっています。

一見怖いと思われることがあるようですが、そんなことはありません (笑)。

芝上 和明 (4段) /
Kazuaki Shibagami (4th Dan)

カナダでテコンドーを学んだ経験があります。大会での審判員、合同練習会での指導を通じて経験を伝えています。

日本で行われた IIC (国際師範セミナー) では、師聖 (GM: Grand Master) たちの通訳を担当しました。

Andres Rivadeneira (4th Dan)

リバデネイラ アンドレス (4段) /
Andres Rivadeneira (4th Dan)

コロンビア、ドイツ、ニューヨーク、カナダ、そして日本。テコンドーを 30 年に渡って学んでいます。

はだのテコンドークラブを立ち上げて、指導にあたっています。教室を、人と人が繋がる場にしたいと考えています。


国際副師範 / International Assistant Instructor

Tomitai Koyama (3rd Dan)

小山 富民 (3段) /
Tomitami Koyama (3rd Dan)

北区テコンドークラブ文京区テコンドークラブを立ち上げ、どなたでも武道を生活の一部にできる道場を目指しています。南大泉道場でも指導にあたっています。

都連の事務局長として、練習生の皆さんが安心して審査を受けたり、試合に出場できるよう、ITF 国際連盟への会員登録 (membership registration) 面のマネジメントも担当しています。

Takashi Shibasaki (3rd Dan)

柴崎 貴志 (3段) /
Takashi Shibasaki (3rd Dan)

2017 世界選手権での型 2 段の部で準優勝しました。六本木道場南青山道場で指導にあたっています。また、早稲田の OB として後輩達が最速で成長できるようサポートしています。

世界選手権の出場選手達のテクニックやトレンドの研究にも余念がありません。最近気になる選手は、アクセル師範 (Axel Vargas)

Noriko Sekiguchi (3rd Dan)

関口 紀子 (3段) /
Noriko Sekiguchi (3rd Dan)

ゲームの「鉄拳」を切欠にテコンドーを始めました。マーシャルアーツ全般、スパーリングが楽しいです。

ドイツ、カナダ、アルゼンチン、ニュージーランドでの世界選手権、スペイン、イギリスでのワールドカップに出場して、ドイツの世界選手権ではベスト 8 入りしました。

結婚を機に今は少しお休み中です。


指導員 / Assistant Instructor

齋藤 啓介 (1段) /
Keisuke Saito (1st Dan)

担当する南青山道場のキッズクラスでは、ひとりひとりの個性を大切に指導に当たっています。早稲田での主将役は引継ぎ、自身の技術向上に取り組みつつ練習を通じて経験を伝えています。

現役選手として各所の大会に参戦、2019 年のドイツ世界選手権では日本代表選手団の一員として各国の選手たちと親交を深めました。

専攻が環境化学関連の分野なのですが、武道の身体性と共通する要素を見つけることがあり、興味深いです。現在就職活動中。